稲坂グループについて

3つの会社で構成される稲坂グループ

稲坂グループは、株式会社稲坂歯車製作所、稲坂油圧機器株式会社、株式会社稲坂プレス工業の3つの会社から構成されています。

稲坂歯車製作所は、オートバイ・建設機械・農業機械用の各種歯車、トランスミッション、減速機および高圧ポンプ用歯車など、各種歯車を開発・設計・製造する会社です。

稲坂油圧機器は、建設機械や産業機械、農業機械用の各種油圧バルブを製造する会社です。

稲坂プレス工業は、稲坂歯車製作所で製造する各種歯車の前段階の精密鍛造品を製造する会社です。

高品質な製品はもちろんのこと、多品種・少量生産により、多様なお客様のニーズにお応えするため、グループの力を結集し、一貫生産によるものづくりを実現させています。

稲坂グループの主力製品

歯車

創業以来、70年以上にわたり蓄積したノウハウと培った技術を駆使し、厳しい品質管理の下、約2,000種類に及ぶ歯車を製造してきました。歯車はオートバイ、建設機械、農業機械のトランスミッションや減速機などの主要な部分に使用されています。

油圧バルブ

最新の機械設備を駆使して油圧制御弁を製造しています。建設機械、産業機械、農業機械の比例制御弁、圧力制御弁、方向切換弁など主要な部分に使用されています。特に油圧ショベルにおける比例減圧弁は世界トップクラスです。

稲坂グループの3つの強み

強み1

大手企業からも認められる高い技術力

歯車の製造においては、創業以来、その技術を磨き続けてきました。
新しい技術の習得にも積極的に挑戦しています。
稲坂グループの製品は、川崎重工業株式会社様やクラッチメーカーの株式会社エフ・シー・シー様などの
国内外の大手企業からも信頼され、
生産設計から開発、製造まで依頼されています。

強み2

一貫生産体制と
多品種・少量生産によるものづくり

材料の調達から精密鍛造・機械加工・熱処理・研磨・組立まで自社で行い、
一気通貫で生産しています。
だからこそ品質面では社内で小さな工程までチェックできる強みがあります。
また、豊富な設備に加え、最新の設備導入と独自の品質管理体制により、
生産性を向上させ、多品種・少量生産体制で多様なお客様のニーズにも対応しています。

強み3

次世代を見据えた人材育成

製造業界は大きな変革期を迎えています。
従来のやり方にこだわらず、若手の柔軟な発想力を借りて、
デジタル技術を強化していきたいと考えています。
AIやIoTによるものづくりを加速させるため、社員を大学に派遣し産学連携に取組み、
また技能検定資格取得や技術技能講習の受講、
外部研修会への参加、通信教育の受講等の支援するほか、
外部講師を招いて年代・職位ごとに社内研修を行うなど、学びの機会を提供しています。

稲坂グループの新たな挑戦

1.新たな分野への参入

歯車や油圧バルブ、精密鍛造の技術を活かし、これまでに積み上げてきた技術と信頼を基に、新たに「航空機」「産業用ロボット」の分野に挑戦しています。

2.オートメーション化の推進

稲坂グループでは、ロボットやAI、IoTといった最新技術を学ぶために、大学へ社員を派遣しています。学んだことを社内で共有し、実践・検証を繰り返し、ものづくりのオートメーション化に挑戦しています。

© 2021 稲坂グループ採用サイト